この冬、訪日外国人に人気の街はドコ?ブッキング・ドットコム、訪日外国人客の旅行先最新ランキングを発表

この冬、訪日外国人に人気の街はドコ?ブッキング・ドットコム、訪日外国人客の旅行先最新ランキングを発表

世界最大級の宿泊予約サイトであるBooking.comの日本法人ブッキング・ドットコム・ジャパンは2019年1月8日、訪日外国人客の旅行先最新ランキングを発表した。

ランキング結果は、ブッキング・ドットコムを通して2018年12月28日~2019年1月6日にチェックイン予定の予約状況をもとに作成したもの。調査対象は、韓国・香港・台湾・タイ・シンガポール・アメリカ・イギリス・フランスからの旅行客である。

8ヶ国のうち7ヶ国で1位となった街は、やはり不動の人気を誇る東京。大阪は韓国で1位となり、その他の国でも京都と並び上位のランクインしている。しかし、この3都市を除いた都市は、国・地域により異なることがわかった。

<東アジア>
韓国・香港・台湾など日本から近い国々からは、距離も近い九州や沖縄への旅行者が多くいることがわかった。その中でも韓国からの旅行者は特に、由布や別府、熊本などの九州の温泉地を好んでいる傾向にあり。観光庁の調査によると、韓国・台湾・香港からの旅行者は、「日本酒を飲むこと」の次に「温泉入浴」を訪日の目的として選んでいることからも、“温泉“というアクティビティを楽しむ人が増えている傾向だ。

注目すべきは、台湾からの旅行者のランキングだ。台湾の上位20位までに沖縄が3都市もランクインしており、沖縄人気が伺える。台湾から沖縄までは直行便で1時間程度であることからも、その手軽さも人気の要因の一つと考えられる。

<東南アジア>
タイ・シンガポールなど、一年を通して気温が高い東南アジアは、北海道などの著名な観光地はもちろん、高山などの豪雪地帯など、寒い地域への渡航が多いことがわかった。雪は東南アジアでは味わうことができないからこそ、人気を集めていると推測できる。その他、美しい富士山の景色を楽しめる富士河口湖など、日本らしい旅行先も人気だ。

<欧米圏>
10位までは東京・京都・大阪・北海道などの日本の観光地として著名な地域が人気だが、11位以降はアメリカ・イギリスと、フランスで特徴が大きく分かれる結果となった。

アメリカやイギリスからの旅行者には、ニセコや白馬などのスノースポーツを楽しめる旅行先が人気を集めている。実際に同社のクチコミでも、日本の雪質を評価するコメントが多くあり、「JAPOW」と呼ばれるパウダースノーを目当てにしている旅行者も多いようだ。

一方のフランスからの旅行者は、アートの街として知られる直島や奈良・日光・宮島など世界遺産がある街がランクイン。観光庁の発表によると、フランス人は「7~90日間」の長期滞在者が95%と大半を占めていることからも、長期滞在で地方の世界遺産などを巡っていることが推測できる。

観光立国を掲げ、訪日外国人が日々増えている日本。今回のランキング発表により、世界の国・地域によりかなり行動が異なることが分かった。日本での滞在がより良いものであるため、観光や宿泊業界はもちろん、国を挙げて様々な取り組み・サービスを行うことがリピートに繋がるのではないだろうか。

【参照記事】
・訪日外国人客の旅行先、冬はどの街が人気? Booking.comが調査
・インバウンド旅行者の日本での冬の楽しみ方を独自分析!この冬の人気の旅行先最新ランキングをブッキング・ドットコムが発表

(HOTELIER編集部)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で








太陽光の「TRENDE」

太陽光発電を無料で設置して、電 気代を10%カット。「ほっとでんき」

詳細を見る

初めての不動産投資なら...

1万円から始める、クラウドファンディング型の不動産投資「SAMURAI」

詳細を見る

ホテル運用代行をお探しの方

一室から、建物一棟まで様々な宿泊施設の運営代行を行う「オックスコンサルティング」

詳細を見る