西武グループ、「コト消費」推進でホテル宿泊客数4.7%増、室料収入13.2%増




西武グループ、「コト消費」推進でホテル宿泊客数4.7%増、室料収入13.2%増

株式会社西武ホールディングス(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:後藤 高志氏)は、プリンスホテルの2017年1月~8月の訪日外国人宿泊客数が前年比4.7%増の約75万8,000人に上ったことを明らかにした。

同グループでは訪日外国人観光客「モノ」から「コト」へのシフトを踏まえ、以下のような体験型の「コト消費」に焦点を当てた様々な取り組みを強化している。

・グランドプリンスホテル高輪
日本庭園内でのお茶のお点前や、専用ラウンジでの利き酒体験、風呂敷包み体験などを無料で実施。

・ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町
約7割の宿泊者が外国人。レストランでの日本酒提供が欧米人客に好まれ、2017年2月~8月までの販売額が目標の17%増と好調に推移。

・箱根関所 旅物語館
着物や浴衣の着付け体験サービスを実施。1人当たり3,000円で、利用者の7割が外国人客。

・多摩川線を除く西武鉄道全線、伊豆箱根鉄道・バス、近江鉄道
訪日外国人客限定の1日券または2日券パスを販売。このうち、伊豆箱根バスの修善寺駅~温泉場間の外国人利用客は1~8月で310%増、小田急~箱根間の利用は26.7%増と前年を大幅に上回る推移。

・西武鉄道
9月1日から1日券、2日券について世界各地のオプショナルツアー予約サイト「ベルトラ」での販売開始。タビマエからのアプローチを実施している。

この他にも、多言語パンフレットの配布やメディアFAMツアーの実施など今後もインバウンドの受け入れ体制を整備し、誘客推進していく方針だという。同期間(2017年1月~8月)のインバウンド売上(室料収入)は13.2%増と2ケタ増にも及んでおり、「コト消費」への注力が明らかな成果を上げていると言えるだろう。

【参照記事】
西武グループ、日本の体験「コト消費」を推進、プリンスホテルの訪日売上げは2ケタ増
【コーポレートサイト】
西武ホールディングス

(HOTELIER 編集部)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で