Serta(サータ) 特徴・概要

Serta(サータ)とは

米国で高いシェア率を誇る高級マットレスブランド。米国内では一般家庭はもちろん、ホテル業界でも多くのホテルが同社商品を採用しているという。特徴は、 難燃素材をほどこした火災に強い「ファイヤーブロッカー」を搭載していること。高品質に加え安全性を標準装備したマットレスは業界初。また、サータの製造販売ライセンスを日本で唯一保有するのが、「ドリームベッド」というベッドメーカーである。

Sertaの概要

サイト名 Serta(サータ)
サイトURL https://www.serta-japan.jp/
提供会社 ドリームベッド株式会社
商品ラインナップ マットレス、ピロー、ベッドフレーム、リネン、ベッド周辺家具など
主な導入ホテル ヒルトン東京、ヒルトン東京ベイ、東京ドームホテル、ニューオータニイン東京、三井ガーデンホテル、オキナワ マリオット リゾート&スパ、リーガロイヤルホテル(大阪)、など

※上記データは、2019年1月調査時点のもの

Sertaの特徴

1.7年連続で全米シェアナンバーワンを記録

より快適な眠りと健康の追求をコンセプトに、1931年にアメリカでスタート。2011年より7年連続でベッド全米シェアNo.1※を誇り、一般家庭はもちろん、一流ホテルをはじめとする多くのホテルで採用されている。同社はアメリカ、イギリス、フランスや日本をはじめとする世界27カ国・60社近いライセンス契約を結んでおり、日本ではドリームベッド株式会社がライセンスを保有している。
(※2018年6月発表 Furniture Today誌 2017年度全米ベッド売上シェアランキングより)

2.独自技術で高品質かつ安全性の高い仕上がりに

マットレスへの荷重のかかる度合いに応じ、2つの異なる太さ(線径)のポケットコイルを使用。これにより腰のサポート力を強化し、理想的な寝姿勢を実現する『ゾーニング配列』や、難燃素材をほどこした火災に強い「ファイヤーブロッカー」など、独自の技術がいたるところに施されている。最高の寝心地に加え、安全性が標準装備された商品を展開していることが魅力だ。

3.一流ホテルへの導入実績多数

ヒルトングループをはじめ、インターコンチネンタルホテルズグループ、コンラッドなどの有名一流ホテルからビジネスホテルまで数多くのホテルが採用。ホテルベッドシェアNo.1の実績を誇っている。

(HOTELIER編集部)

ホテルベッドの一覧を見る

ホテル運営支援サービスの一覧を見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で