らく通with 料金・評判

らく通withとは

らく通withは、JR鉄道情報システム株式会社が提供するサイトコントローラーだ。2002年4月「らく通」の名で送客通知端末として誕生。2016年春に「らく通with」としてリニューアルした。

らく通withの特徴

最大の特徴は、旅行会社やネットエージェントからの送客通知を一元管理できる点。JRの座席予約・販売システムなどの開発・運用実績から得た知識と経験を活かして製造されているので、万全なファシリティとセキュリティ対策完備の高信頼な自社データセンターで安定したサービスを提供している。

リニューアル後は、予約・在庫などの最新稼働状況を一目で把握できるトップ画面が新設され、より使いやすい操作画面となっている。また、予約サイト連携強化やセンターサーバ増強により、予約サイト巡回間隔が大幅に短縮。オーバーブッキングのリスクが低減し、より安心して予約・在庫管理ができるようになった。各管理画面表示、検索速度もUP! スピーディ且つストレスなく快適に利用できる。

専用ソフトからアクセスすれば、いつでもどこでも、複数人数で同時利用できる。様々なフロント会計システムメーカに対応しており、部屋割り設定、予約・在庫データ連携(2way)も可能だ。

らく通with概要

サイト名 らく通with
サイトURL http://www.raku-2.jp/
運営会社 JR鉄道情報システム株式会社
設立 2004年4月 ※2016年春にらく通withとしてリニューアル
価格 初期費用:100,000円
月間手数料:9,800円~
宿泊予約サイトの導入実績 ■国内「29」、海外「8」の宿泊予約サイト
■「21」の自社ホームページ用宿泊予約システムと連携
*2021年11月30日時点
http://www.raku-2.jp/agent.html
旅行会社の導入実績 ■「15」の旅行会社サイト
*2021年11月30日時点
http://www.raku-2.jp/agent.html
対応ホテルシステム(PMS) ■「47」の主要なホテルシステムに対応
*2021年11月30日時点
http://www.raku-2.jp/pms.html
主な機能 ●予約情報を簡単に確認
●残室状況をリアルタイム表示
●プランの販売状況表示
●旅行会社と予約サイトの予約を一覧表示
●予約変更の自動紐付け
●予約毎にステータス管理
●在庫3週間表示に対応
●自動満室設定でオーバーブックリスクを低減
●一括在庫調整でスピード調整
●プラングループでまとめて管理
●一括料金調整でスピード調整
●便利機能でラクに料金管理
●旅行会社と予約サイトの販売実績を分析集計

対応サイト

 <国内対応サイト>
楽天トラベル、じゃらんnet、るるぶトラベル、一休.com、JALパック、ANAセールス、Aカード、Relux、e宿(近畿日本ツーリスト)、ベストリザーブ・宿ぷらざ、BenefitStation、ぐうたび北海道、パラダイス北海道、ちゅらとく、ええぜな宿ねっと、らくだ倶楽部、Theお宿、ツアービルダー、OZmall、WILLER TRAVEL、WELBOX、アパ公式サイト、OneTwoSmileHOTEL、ゆこゆこネット、たびらい、ジェイトリップ(WEB)、トクー!、日本旅行Webダイレクト、skyticket

<海外対応サイト>
Booking.com、Agoda、Expedia、ORBITZ、Trip.com、HRS、Airbnb、Hotelbeds

※2021年11月30日時点の情報

(HOTELIER編集部)

その他のサイトコントローラー

ホテル運営支援サービス


ホテル関連のオススメしたいサービス

電気代の節約サービスや非対面チェックインシステム、ホテルの運営代行サービスなどをご紹介しています。

新時代のウイルス対策

コロナ対策で光触媒!先着100名様限定!
¨ホテリエみた¨で5%off
「ウイルス侍」
 

詳細を見る

ホテル運用代行をお探しの方

全国宿泊施設に対応、1000室以上の運営実績。
ホテル・旅館の運営代行なら「オックスコンサルティング」

詳細を見る

あなたにオススメ

記事をもっと見る