Ctrip(日本語版:Trip.com)特徴・料金・掲載方法

「一休」と提携。シートリップ中国語版から一休提供のプランを予約することが可能になっている。訪日中国人の半数がシートリップのサービスを利用しているとされている。2017年11月に(米)Trip.comを買収。2018年現在、中国語以外はTrip.comとして運営をしている。

シートリップでフライト、ホテル、列車を予約すると「シーマネー」と呼ばれるポイントが貯まる(対象外の場合あり)。ポイントは、特定の前払いのホテル予約に利用することができるほか、「シーマネープラス」への交換を行えば航空券の支払いにも利用可能となる。日本の航空会社では、シートリップ専用のバナーを経由した宿泊予約をすることで日本航空(JAL)と全日本空輸(ANA)のマイルを貯めることができる。

Ctrip(日本語版:Trip.com)の概要

サイト名 Ctrip(日本語版:Trip.com)
サイトURL https://jp.trip.com  リンク:中華圏でのホテル予約なら Trip.com
運営会社 シートリップ
サービス開始 1999年10月29日
会員数・会費 会員制をとっていない
契約施設数 世界で80万軒以上(内訳非公開)
総予約泊数 非公開
総取扱額 非公開
掲載手数料 非公開
宿側の客室登録義務 なし
決済方法 宿でのカード払い。事前カード決済
主な利用目的 ビジネス・レジャー
利用者層 20代後半~40代の男女。旅行にも慣れてきて、自由なプランニングを好む層。30代~40代の男女が多くを占めており、最近では20代前半の男女も増えている
旅館とホテルの予約比率 非公開
ホテルの予約比率 非公開
モバイル予約比率 非公開
インバウンド対応 中国語、日本語、英語など12カ国に対応
対応言語・特徴 同上
ポイントプログラム シーマネー
ポイント付与率 5~15%
ポイントの施設負担 0%

※上記に注記のないデータは、2016年1月調査時点のものとする

(HOTELIER編集部)

OTA(オンライン旅行予約サイト)の一覧を見る

海外OTAの一覧

国内OTAの一覧

ホテル運営支援サービスの一覧を見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で