国内旅行会社のまとめ・一覧

国内旅行会社のまとめ・一覧

国内旅行会社とは?

旅行商品の企画・実施、販売をする会社。店舗を通じた旅行商品の販売を行うケースに加え、近年はオンライン上での取引も行う旅行会社がほとんど。宿泊施設や交通機関の乗車券・乗船券・航空券の手配のほか、宿泊と交通をセットで販売するダイナミックパッケージ販売などを行う。

国内旅行会社を比較

国内の大手旅行会社5社を検証。

JTB


1963年(昭和38年)、財団法人日本交通公社の営利部門を分割・民営化し、株式会社日本交通公社として創業した。現社名は「JTB」。旅行業界では日本最大かつ世界有数の事業規模を有する企業。国内では、海外旅行のパッケージツアー「ルックJTB」、国内旅行の「エースJTB」、メディア型直販商品などを取り扱う「旅物語」に代表される旅行業を主に、時刻表や旅行雑誌「るるぶ」などの出版業(2004年「JTBパブリッシング」に分社化)も行っている。

(2018年12月時点の情報)

近畿日本ツーリスト

初代は、近畿日本ツーリストの名で1955年から長年にわたり、大手の総合旅行会社として、団体旅行や列車、航空券、船車券の販売から個人旅行のパッケージツアーの販売、さらに企画旅行の通信販売まで行っていた。2013年1月1日に旅行事業を新設の子会社に移管し、持株会社に移行するため、個人旅行事業の譲渡先として設立した会社。2014年10月、子会社で店舗販売を行っていた近畿日本ツーリスト個人旅行販売株式会社を吸収合併した。

(2018年12月時点の情報)

日本旅行

日本最初の旅行会社で、西日本旅客鉄道(JR西日本)の連結子会社。はじまりは関西で、主要株主がJR西日本だが、1967年12月に本社を大阪から東京へ移している。1905年、東海道本線草津駅で駅弁を販売していた南新助が、伊勢神宮参拝の団体旅行を主催(今でいう企画旅行)したことが発祥だが、1941年に世情悪化に伴い廃業。1949年に株式会社日本旅行会として再設立した。

(2018年12月時点の情報)

HIS


「ツーリズムを通じて、世界の人々の見識を高め、国籍、人種、文化、宗教などを超え、世界平和・相互理解の促進に貢献する」という企業理念のもと、1980年に創業された総合旅行会社。格安航空券のほか、日本国外を主体とした比較的価格の安いパッケージツアー商品、フリープラン商品を中心に企画から販売、手配を行っている。

(2018年12月時点の情報)

ANA SKY WEB @ホテル

ANAホールディングスの一員であり、東京、大阪、名古屋におけるANA航空券販売業務を完全受託している。パッケージツアーはANA国内線を利用した「ANAスカイホリデー」、ANA国際線定期便、チャーター便を利用した「ANAハローツアー」、地球上すべての魅力あるスポットを旅行先とする「ANAワンダーアース」を取り扱う。

(2018年12月時点の情報)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で