Yahoo!トラベル、Yahoo!ビジネストラベル




airbnb

airbnb

Yahoo!トラベル、Yahoo!ビジネストラベルの特徴

1997年11月27日にサービス開始。当初はエイチ・アイ・エス、近畿日本ツーリスト、神港トラベル(ミックツアーセンター)、東急観光、マップインターナショナル、地球の歩き方(ダイヤモンド・ビッグ社)、ヤフーの提携による海外旅行専門情報サイトとして開設された。2000年に、JTBとヤフーによる合弁会社たびゲーターが設立されると、宿泊施設情報を掲載し、たびゲーターを通じてのオンライン予約サービスを開始した。

宿泊商品は、しばらくJTBの店頭価格で提供されていたため利用者が伸び悩んでいたが、2004年3月に「Yahoo!ビジネストラベル」を公開。翌年3月より直販商品で「ヤフー・ビジトラプラン」で低価格の宿泊予約を開始した効果もあり、業績を伸ばした。その後、各宿泊予約サイトや航空会社との提携が進んだことから、総合的な旅行商品検索サイトへと発展している。

「ヤフー・ビジトラプラン」を除くと、長らく提携旅行会社の商品検索機能に特化していたが、2015年2月より直販の宿泊商品「Yahoo!トラベルプラン」の販売を始め、大きく変化を遂げている。特徴としては、利用代金に応じてポイントが還元される仕組みがある。

Yahoo!トラベル、Yahoo!ビジネストラベルの概要

サイト名 Yahoo!トラベル、Yahoo!ビジネストラベル
サイトURL http://travel.rakuten.co.jp/(YAHOO!トラベル)

http://travel.rakuten.co.jp/(YAHOO!ビジネストラベル)

運営会社 ヤフー株式会社
サービス開始 Yahoo!トラベル 1997年11月27日
Yahoo!ビジネストラベル 2004年3月4日
会員数・会費 3,094万人(Yahoo!JAPAN ID 月間アクティブユーザー数)。会費無料
契約施設数 9,000施設
(旅館42.8%、シティ・ビジネス・リゾートホテル34.0%、ペンション・民宿・その他23.2%)
総予約泊数 非公開
総取扱額 非公開
掲載手数料 手数料0%
(ポイント費用 5〜14% システム使用料 +0.3%)
宿側の客室登録義務 なし
決済方法 宿での現金・カード払い
主な利用目的 レジャー
利用者層 男性60%、女性40%。30~50代が中心
旅館とホテルの予約比率 非公開
ホテルの予約比率 非公開
モバイル予約比率 20%
国内ダイナミックパッケージ JAL、ANAとの連携(http://travel.yahoo.co.jp/domestic_dp/)。実績非公開
インバウンド対応
対応言語・特徴
ポイントプログラム Tポイント。TSUTAYA、ENEOS、ガスト、カメラのキタムラ、Yahoo!ショッピングなど、生活に密着した幅広い分野で利用できる、日本最大の共通ポイントサービス
ポイント付与率 5%〜
ポイントの施設負担 5~14%。ポイント原資の負担は5%が最低必須となり、14%までは宿泊h施設が自由に設定できる

※上記に注記のないデータは、2016年1月調査時点のものとする

Yahoo!トラベル、Yahoo!ビジネストラベルへの掲載をお考えですか?

Yahoo!トラベル、Yahoo!ビジネストラベルへの掲載をお考えの方は、ぜひお気軽にご相談ください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で