WILLER TRAVEL(ウィラートラベル)




ウィラートラベルの特徴

1994年(平成6年)5月24日に大阪府大阪市北区にて株式会社西日本ツアーズとして創業。主に首都圏と京阪神を結ぶツアーバス「Star Express」として取り扱いを開始し、今や全国の高速路線バスよりも安価に移動できる点と、インターネットを積極的に活用した予約システムが高い評価を得て人気を得ている。2006年、ブランド名を「Star Express」から「J-EXPRESS」を経て「WILLER EXPRESS」に一新。2010年5月には、当時のツアーバス事業者内でいち早く新宿住友ビルディングに自前のバスターミナル「WILLERバスターミナル新宿西口」を開設し、現在では2016年4月バスタ新宿の開業と共にそこへ移転している。また、2011年4月には、新梅田シティにある梅田スカイビルに「WILLERバスターミナル大阪梅田」を開設している。2017年6月1日に、親会社のWILLERに吸収合併される予定だ。

宿泊予約事業モデルにも参入しており、ダイナミックパッケージの予約システムによるバスと宿泊施設のセット商品「WillPACK」(いわゆるフリープランに相当する商品)では、 ウィークリーマンションを宿泊先に充当することで通常のホテルでは不可能な、バス下車後の早朝チェックインを可能にした商品も販売している。高速バスのみならず、LCCなどの飛行機やフェリーと提携し、「各種アクセス+ホテル」のパッケージ商品も展開。海外からの入国旅行者に対しても力を入れている。もちろん、ホテル単体の宿泊予約サービスも可能。2015年6月に新たな移動ポータルサイトとして公開している「SMART TRAVEL(通称スマトラ)」では、 高速バス、フェリー、宿・ホテルをそれぞれ、簡単に予約できることを目指し、予約ステップの短縮が図られている。

ウィラートラベルに参画するには初期費用はかからず、固定費も不要。掲載手数料は10%だが、お客様からの予約は事前決済のみを取り入れており直前のキャンセルが少ない上、カード・コンビニ決済の手数料もウィラートラベルが負担するため、そういった点では楽天やじゃらんと比べると大きなメリットといえる。さらには、お客様が予約の際にポイントを使用する場合、施設負担がないのも特徴だ。契約施設数は大手宿泊予約サイトからは劣るものの、10代後半から30代女性の安く旅行へ行きたい層に人気なため、そういったターゲットに響く施設様に掲載をすすめたい。

ウィラートラベルの概要

サイト名 WILLER TRAVEL
サイトURL http://travel.willer.co.jp/
運営会社 WILLER TRAVEL株式会社
サービス開始 2010年6月29日
会員数・会費 300万人。基本無料、プレミアム会員の場合は年間1,080円
契約施設数 非公開(旅館0%、シティホテル20%、ビジネスホテル79%、その他1%)
総予約泊数 非公開
総取扱額 非公開
掲載手数料 10%(参画費無料、カード・コンビニ決済手数料負担なし)
宿側の客室登録義務 なし。柔軟な商品設定を宿泊施設と協同して作成するため
決済方法 事前払い、事前カード決済のみ
主な利用目的 レジャー(旅行、コンサートなど)
年間2回以上の利用者が約80%
利用者層 10代後半から30代の女性
旅館とホテルの予約比率 旅館1%、ホテル99%
ホテルの予約比率 シティホテル20%、ビジネスホテル80%
モバイル予約比率 非公開
国内ダイナミックパッケージ 路線バスと宿泊施設とのダイナミックパッケージを実施。実績非公開
インバウンド対応
対応言語・特徴
ポイントプログラム WILLERポイント。当社サイト上で販売中の高速バスやフェリー、ツアー商品や宿泊商品をネット上でご利用いただくと、代金100円ごとに1ポイントのWILLERポイントを付与。貯めたポイントは100ポイントから最高3,000ポイントまで一度の決済で利用できる。(現地払いのホテル宿泊についてはポイント対象外)
ポイント付与率 1%
ポイントの施設負担 0%
在庫管理 リンカーン、らく通に対応
宿泊料金の清算 月末〆、翌月末払い(手数料は施設負担)

※上記に注記のないデータは、2016年1月調査時点のものとする

契約から販売までの流れ

①宿泊契約申込書を送る
②書類の提出(契約書、基本情報登録シート、旅館営業許可証コピー)
③基本情報の登録、ログイン方法の案内
④プラン作成
⑤販売開始

ウィラートラベルへの掲載をお考えですか?

ウィラートラベルへの掲載をお考えの方は、ぜひお気軽にご相談ください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で