WILLER TRAVEL(ウィラートラベル) 特徴・概要・掲載方法

WILLER TRAVELとは

1994年(平成6年)5月24日に大阪府大阪市北区にて株式会社西日本ツアーズとして創業。主に首都圏と京阪神を結ぶツアーバス「Star Express」として取り扱いを開始し、今や全国の高速路線バスよりも安価に移動できる点と、インターネットを積極的に活用した予約システムが高い評価を得て人気を得ている。

2006年、ブランド名を「Star Express」から「J-EXPRESS」を経て「WILLER EXPRESS」に一新。2010年5月には、当時のツアーバス事業者内でいち早く新宿住友ビルディングに自前のバスターミナル「WILLERバスターミナル新宿西口」を開設し、現在ではバスタ新宿の開業と共に移転。また2011年4月には、新梅田シティにある梅田スカイビルに「WILLERバスターミナル大阪梅田」を開設している。2017年6月1日に、親会社のWILLERに吸収合併された。

WILLER TRAVELの概要

サイト名 WILLER TRAVEL
サイトURL http://travel.willer.co.jp/
運営会社 WILLER株式会社
サービス開始 2010年6月
会員数・会費 420万人/会費無料※プレミアム会員は年会費1080円
契約施設数 軒数非公開
対応言語 6ヶ国語に対応

※上記データは、2018年12月調査時点のもの

WILLER TRAVELの特徴

1.提携ホテルと旅行ツアー企画

提携ホテルと共同で格安の旅行ツアーを企画し、ホテルまでの足はWILLER EXPRESSの高速バスを利用する事で、乗車率を向上を図っている。またホテルの入り口にバス停を設置してもらう事で、ホテルの宿泊客に「WILLER EXPRESS」を利用してもらい易くするような取り組みを行っている。

2.海外からの入国旅行者に注力

高速バスのみならず、LCCなどの飛行機やフェリーと提携し、「各種アクセス+ホテル」のパッケージ商品も展開。海外からの入国旅行者に対しても力を入れている。もちろん、ホテル単体の宿泊予約サービスも可能。高速バス、フェリー、宿・ホテルをそれぞれ、簡単に予約できることを目指し、予約ステップの短縮が図られている。

3.施設負担が少なく掲載が可能

ウィラートラベルに参画するには初期費用はかからず、固定費も不要。掲載手数料は10%だが、お客様からの予約は事前決済のみを取り入れており直前のキャンセルが少ない上、カード・コンビニ決済の手数料もウィラートラベルが負担するため、そういった点では楽天やじゃらんと比べると大きなメリットといえる。

さらには、お客様が予約の際にポイントを使用する場合、施設負担がないのも特徴だ。契約施設数は大手宿泊予約サイトからは劣るものの、10代後半から30代女性の安く旅行へ行きたい層に人気なため、そういったターゲットに響く施設様に掲載をすすめたい。

WILLER TRAVELへの掲載方法

WILLER TRAVELへの物件掲載をご希望の方は、こちらより申し込みが可能です。

(HOTELIER編集部)

OTA(オンライン旅行予約サイト)の一覧を見る

海外OTAの一覧

国内OTAの一覧

ホテル運営支援サービスの一覧を見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で