一休.com




airbnb

一休.comの特徴

2000年5月にサービスを開始。「こころに贅沢させよう」をモットーに、高級旅館・高級ホテルのみを取り扱っている。宿泊施設を限定することで、その他の予約サイトとの差別化を図っている。そのため、客層は富裕層が多く、サイトの利用者の平均年齢は40代。楽天やじゃらんなど他のサイトに比べて高い数値となっている。

宿泊プランには、タイムセールやサイト限定プランなどがあり、高級ホテルでもホテル公式予約や他のOTAより、割引価格で宿泊することができ、利用者はリピーターが多い。2015年、ヤフーが一休を買収し、傘下に入ることでさらなる成長を遂げている。

コンテンツには、「一休Plus+」といって、“一休.comでのみ”予約できる宿泊施設を紹介するページや、2010年に“プレミアムなビジネスホテル専門予約サイト”としてオープンした「一休.comビジネス」も運営している。「一休Plus+」は、「強羅花壇」や「草津温泉 ての字屋」などの歴史ある老舗旅館や、「ザ・リッツ・カールトン東京」や「シャングリ・ラ ホテル東京」などの高級ホテルをはじめ、約60施設のラインナップとなっている。

その他のコンテンツでは、海外のラグジュアリー&アップスケール ホテル・リゾート予約サイト「一休.com海外」や国内最大級 厳選レストラン即時予約サービス「一休.comレストラン」、物ではなく時間を贈るギフトチケット「一休.comギフト」、極上の癒しを体験できる、厳選スパ「一休.comスパ」の運営も行っている。

一休.comの概要

サイト名 一休.com
サイトURL http://www.ikyu.com/
運営会社 株式会社 一休
サービス開始 2000年5月
会員数・会費 413万9千人。会費無料
宿泊施設数 2,714軒
(旅館838軒、シティ・リゾートホテル829軒、ビジネスホテル1,047軒))
総予約泊数 189万室(2014年4月~2015年3月実績)
197万室(2015年度見込み)
国内宿泊取扱額 505億円(2014年4月~2015年3月実績)
548億円(2015年度見込み)
掲載手数料 手数料10%
(一休ビジネスは8%、インバウンド・ライオントラベル10%、事前カード決済+3.5%)
宿側の客室登録義務 なし
決済方法 宿での現金・カード払い。事前カード決済
主な利用目的 レジャー、ビジネス
利用者層 男女比はほぼ半々。利用者の平均年齢は男性47歳、女性43歳
旅館とホテルの予約比率 旅館24%、ホテル76%
ホテルの予約比率 非公開
モバイル予約比率 非公開
国内ダイナミックパッケージ 一休.com×ANAダイナミックパッケージ。実績非公開
インバウンド対応
対応言語・特徴
ポイントプログラム 一休プレミアサービス。利用金額の実績に応じて、宿泊・レストラン予約で使えるポイントを付与
ポイント付与率 1%~3%
ポイントの施設負担 0%

※上記に注記のないデータは、2016年1月調査時点のものとする

一休.comへの掲載をお考えですか?

一休.comへの掲載をお考えの方は、ぜひお気軽にご相談ください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で